2016年07月12日

正真正銘のフェチさんとは!?

こんにちは!
SEX&LOVEセラピストこゆきです

私は自称「フェチな人」好きです(笑)
フェチさんて、喜びポイントがはっきりしているので、喜ばせ甲斐があるんです
おもしろいですよ〜(笑)

ところで、みなさん
「フェチ」って、何かご存知でしょうか?
1887年に心理学者のアルフレッド・ビネーが発表した論文だと、肌着や靴など、本来は性的な対象でないものに性的魅力を感じることをフェティシズムとしているそうですが、これってつまり、「胸フェチ」や「お尻フェチ」は間違いということでしょうか?

「『胸やお尻など、元々性的対象である部位はフェチの定義には入らない』というアルフレッド・ビネーの説ももっともですが、現代日本においてのフェチは、『その対象物に対して過度のこだわりがある』という解釈でよいのではないでしょうか。
→ http://www.tokiomonsta.tv/hitomebo/column/article/327-hitomebo-definition-of-fetish.html

「過度のこだわり」があると、「フェチ」と呼んでいいそうですが(おそらくその基準は、個人的な感覚でよいと思います)私の感覚でいうと、フェチさんにもどうも「段階」というものがあるようです(笑)

わかりやすいように「脚フェチ」さんを例えにしたいと思います。

第一段階は「キレイな」脚が好きという方。
おそらくこれは一般的ですよね。
同じ脚でも、太っていてぶくぶくした脚や、荒れているなど、見た目が美しくなければもちろん性的興奮はしません。

ところが第二段階になると、「脚であればどんな脚でも興奮する」という境地に達していくようです。
以前脚フェチものAVに出演したことがありますが、正真正銘の脚フェチさんは、脚に関して、あんまり「美しい」とか「美しくない」とかという基準がないようです。
太ももやひざや指の形そのものが好きだったり
荒れている足の裏だって「乾いたお餅みたいで、かわいい」と見えちゃうみたいです。

人ってどんどん博愛主義になっていくのでしょうか(笑)
「どんな形でも、そのもの自体が好き」と思えたら、それは正真正銘の筋金入りのフェチさんかもですよ



日本ブログ村 ランキング参加中
応援よろしくおねがいします
にほんブログ村 大人の生活ブログ 性の悩みへ
にほんブログ村


●メルマガ始めました
より専門的な内容やイベント情報などを配信していきます
登録はこちら http://www.mag2.com/m/0001674057.html



● えっちに関する相談、対面or Skype orメールで受け付けてます
対面、Skype:90分 15,000円
メール:1週間メールやり取りし放題 1万円
具体的な内容はこちら





今ならモニターとして、感想を聞かせていただける方10人限定で「1,000円」でさせていただきます



お問い合わせは、こちらまで
メール:koyukisex@gmail.com
SkypeID:koyuki9291
LINE:http://line.me/ti/p/4X9bCGSFSP



posted by SEX&LOVEセラピストこゆき at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | えっちな雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック